平均身長

背を伸ばすのに大切な成長率

子供の平均身長と成長率

 

背が低くて気になっている親御さんも多いのではないかと思います。
うちの子供もずっと小さくて一番前なので、心配で病院に行ったことがあるほど…。

 

身長

 

よく他の子供と比べて小さい大きいを判断しますが、平均身長はどのくらいなのか、もしそれ以下だったら何か問題があるのでしょうか?
いろいろと子供の成長について調べてみました。

 

平均身長とは

 

ある期間にたくさんの同じ年齢の子供を集め、その子供たちを男子女子の性別に分けて計測し、その結果を集計。
そこから平均身長を出しています。
文部科学省が行っている学校保健統計調査結果から幼稚園・小学校・中学校・高校の全国の身長・体重の平均値を男女別に表にしてみました。(平成26年度)

 

男子の平均身長

5才 110.3cm  18.9kg
6才 116.5cm 21.3kg
7才 122.4cm  24.0kg
8才 128.0cm  27.0kg
9才 133.6cm  30.4kg
10才 138.9cm  34.0kg
11才 145.1cm  38.4kg
12才 152.5cm  44.0kg
13才 159.7cm  48.8kg
14才 165.5cm  55.4kg
15才 168.3cm  58.9kg
16才 169.8cm  60.7kg
17才 170.7cm  62.6kg

 

女子の平均身長

5才 109.5cm  18.5kg
6才 115.5cm   20.8kg
7才

121.5cm 

23.4kg
8才 127.4cm  26.4kg
9才 133.4cm  29.8kg
10才 140.1cm  34.0kg
11才 146.8cm  39.0kg
12才 151.8cm  43.6kg
13才 154.8cm  47.2kg
14才 156.4cm  50.0kg
15才 157.0cm  51.4kg
16才 157.6cm  52.4kg
17才 157.9cm  52.9kg

 

少し古いデータと比べてみたのですが、今の子供は男子、女子ともに同身長でも体重が少なくスリムになっているようですね。

 

実は体重も成長には影響があります。
肥満になると、身長を伸ばすための成長ホルモンの分泌が悪くなります。
さらに肥満によって早く思春期を迎えやすくなるので身長の伸びが早く止まってしまいます。

 

逆に痩せすぎの場合は、成長に必要な栄養素が不足するため、身長の伸びに悪影響が出ます。
ですから子供の平均体重にも気を配る必要がありますね。

 

平均身長以下だったら問題?

 

背が低ければちょっと心配になりますよね。
でもあくまでこれは標準的な数値はどのくらいか、なのですべての子供に当てはまるとは限りません。
生まれつき小さい子が平均に追いつくのはもちろん容易ではありません。

 

ここで重要なのが成長率なのです。
平均身長を気にすることより、毎年どのように伸びているのかを確認することが大切です。

 

うちの子供も平均身長より低かったので、心配で病院に連れて行った時、生まれてからの身長の推移を見て先生が
「この子なりにちゃんと成長しているから心配ない」
と言われたことがありました。
それからちょっと安心したところもあるので、身長サプリを飲ませながら様子を見ることにしました。
どうしても心配でしたら主治医に相談してみるのも良いと思います。

 

身長

 

身長の成長率って?

 

子供の背が一番伸びるのは、実は生まれてから1歳までなのです。
約50cmほどの赤ちゃんが一年で平均25cmほども伸びるのです。
その後は徐々に伸びが減ってきます。

 

身長の変化に個人差はありますがまとめると‥

 

男子の場合

 

4〜11歳
 毎年平均5〜6cm伸びるが徐々に伸びは減っていく
11歳前後(思春期)〜
 2年間は8〜9cmのペースで急激に伸び、その後3年間は徐々に伸びは減っていく
17歳前後〜
 完全に身長の伸びが止まる

 

女子の場合

 

4〜10歳
 毎年平均5〜6cm伸びるが徐々に伸びは減っていく
10歳前後(思春期)〜
 2年間は7〜8cmのペースで急激に伸び、その後3年間は徐々に伸びは減っていく
15歳前後〜
 完全に身長の伸びが止まる

 

男子は女子に比べて思春期が遅いため、背が伸びる時期が平均的に遅い傾向があります。

男子は小学生の時には身長がなかなか伸びないな!と心配になりますが、中学生になると急激に伸びていきます。

 

どうでしょうか、
このような推移で成長していますでしょうか?
平均身長より低くて成長率も悪かったら心配ですね。
でも大きかったとしても、成長率が悪かったとしたらそれもちょっと心配です。

 

平均身長-2SD以下だったら?

 

詳しくは>>低身長の原因と治療法は?

 

-2SD以下だったら低身長の可能性があるそうです。

 

-2SD以下の子供は全体の5%ぐらいです。
心配であれば一度病院で相談することをお勧めします。
でも-2SD以下だからといってすぐ「低身長症」ということではありません。
成長率を見て、その子なりの成長していれば良いのです。
子供の身長は思春期に急に伸びます。
成長ホルモンが活発に分泌されるからなのですが、思春期の時期には個人差があります。
この思春期に平均以下だった子供が急に上になる!ということもあります。
実際私も背が低かったのに、思春期に急に伸び平均身長を上回りました。

 

注意すること

 

成長率が悪い子供は大人になった時も背が低くなる傾向があります。
ですから平均身長はあくまでめやすとして、毎年子供がどのくらい成長しているかを必ず確認するようにしましょう。
成長率が著しく悪くて心配であれば、一度病院で相談することをおすすめします。
よく家の柱に子供の身長を記すことをしますが、これって子供の成長を知る上でとてもわかりやすく良い方法なんだな!と思いました。
もし成長率が悪いようなら、まずは成長ホルモンの分泌を促進させるための基本となる「睡眠」「食事」「運動」を見直してみるのも良いですね。
身長に配慮したサプリメントの活用もおすすめです。

 

成長率

 

やっぱり愛情が大切

 

平均身長にこだわって気を揉むよりも、両親が子供のことを見守り、様々な面で気をつけてあげることが大切です。
「睡眠」「食事」「運動」はもちろんの事、ストレスを受けると身長が伸びなくなるとも言われていますので、子供にあまりストレスを与えず、のびのび子育てができたら理想的です。

 

でも十分に気をつけていても栄養は足りているのかな?って心配になることもありますね。
そんな時にはサプリメントを利用してみるのも良いでしょう。
欧米人は日本人に比べて平均身長が高いですが、これは生活習慣の違いだけでなく、子供の頃からサプリメントを飲むことが習慣であることも影響しているようです。

 

ただしサプリメントを選ぶ際には、子供向けのものを選びましょう。

 

背が伸びるサプリ人気ランキング